ホーム » AGAの原因 » ストレス等の精神的負担が原因とされる

ストレス等の精神的負担が原因とされる

AGAに限らず、薄毛や抜け毛の原因で最も関係しているのがストレスといえます。

AGAを発症させる原因は、ジヒドロテストステロンというテストステロンというホルモンから生成される男性ホルモンであるといわれていますが、これは、何らかの原因によって男性ホルモンの分泌に変化を生じた事により、AGAを発症してしまうという事に至るようです。

ただ、この男性ホルモンの分泌に影響を及ぼす何らかの原因というのが、一般的にはストレスから起こっているという事が最も妥当ではないかと思われます。

精神的負担がかかる事によるストレスももちろんありますが、現在の生活環境において、大気中に含まれる様々な化学物質や、これらの化学物質に侵されている食品や飲み物を摂取する事により、精神面だけではなく、身体機能においても負担がかかり、ストレスが蓄積しているという状況も十分に考えられます。

ちなみに一時的に抜け毛が生じる円形脱毛症は、ある特定出来事等により、身体機能が低下してしまい、その結果、毛髪が抜け落ちるというものであります。

ただ、この円形脱毛症は、AGAと異なり、毛根自体の働きが低下していく訳ではない為、ストレスの元凶を取り除く事で、すぐに機能が回復し、再び毛髪が生えてきます。

その代わり、AGAのように、徐々に薄毛になるのではなく、一気に髪の毛が円形状に抜け落ちていくというものであります。いずれにしても、ストレスは百害あって一利無い為、上手く解消していく方法を考えるようにしていくようにします。