ホーム » AGAの原因 » 環境汚染が原因という説がある

環境汚染が原因という説がある

AGAの発症原因には、様々な説が挙げられます。

遺伝、男性ホルモン、ストレス、生活習慣や食習慣等、きりがありません。これらの原因のまさに元となるものが、環境汚染とも言えるのではないでしょうか。

生きている限り、常に外気にさらされますし、呼吸もします。環境汚染によって、大気中や水に含まれる化学物質、そしてその水の中で生息している魚介類、人間と同じように汚染された大気中で生息している動物や植物全て、化学物質を無意識に体内へ取り込んでいるという事になります。

この取り込まれた化学物質は、有害な物も多く、体内のあらゆるサイクルが乱れ、様々な異変を引き起こす事になってしまいます。

近年になって、アレルギー体質を持つ人やメンタル面の不調を訴える人が増えてきているのは、これらの環境汚染が原因とも言われています。

AGAも男性ホルモンが原因とされていますが、結局は、化学物質の影響により、男性ホルモンのバランスに変化が生じているという可能性は十分に考えられます。

今になってこそ、地球温暖化等を防ぐためのエコへの取り組みが浸透しつつありますが、高度経済成長期に技術を発展させる為に大気や水に多量に流しこまれた化学物質の名残りが今もなお残っているという事も考えられ、なかなか大気汚染や水質汚染という状態を無くするまでは、かなり時間がかかる事でしょう。何とも防ぎようがありません。
ただ、最近では、これらの化学物質をデトックスできる日用品やサプリメントも開発されつつあるようです。