ホーム » AGAのセルフチェック方法 » 親族で薄毛の人の割合をチェックする

親族で薄毛の人の割合をチェックする

AGAの原因の1つとして遺伝が大きく関係しているという説がありますが、これは全く見当外れという事でも無いようです。

 

遺伝というのは、そもそも細胞1つ1つに含まれている遺伝子自体にAGAを引き起こす要素が含まれている事となります。

それを親をはじめ祖父母、曾祖父母、それより上の代から代々引き継がれているもので、消去のしようがありません。

 

ただし、遺伝とは言え、100%発症するという訳ではありません。発症しやすい確率が高いというだけです。万が一、発症してしまったら、症状を進行させない様に治療を行えばいいです。

 

それでも、出来るだけ早く治療を開始するに越した事はありませんので、最近抜け毛が増えてきたと感じた時、ふと身内、親族を見渡してみて、薄毛や抜け毛が多い人がおれば、即、AGAの専門治療について検討した方がいいでしょう。

 

抜け毛や薄毛の人が身内で多いが、AGAではないだろうと思っている人も多いとは思いますが、親や祖父母の年代では、まだAGAという症状については一般的に知られてはおらず、何の対策も行わない状態で、過してきている可能性が高いです。

 

結局、親や祖父の代では何の対策もしていないのに、よくよく調べてみたら実はAGAだったという事も少なくは無いようです。AGAに限りませんが、本当は昔から存在していた病気、症状であっても、当時は全く原因や治療法が解明できておらず、そのままおざなりになり、医療や技術の進歩した現代になって初めてそれらの状況が解明し、後付けのように病名や症状の名称がついたというケースが後を絶ちません。