ホーム » AGAの原因 » 遺伝によって発症する事がある

遺伝によって発症する事がある

AGAを引き起こす原因の1つで遺伝というものが挙げられます。

遺伝は、染色体自体にある特定の症状を引き起こしやすい要素が含まれているという事もあり、十中八九、その症状を引き起こす可能性があります。

AGAに限らず、薄毛や抜け毛で悩まされている親族が多いと、やはり自身も同じ症状が現れるケースが多いです。

AGAであれば、細胞1つ1つにAGAを発症する要素が含まれているという事となりますので、発症してもおかしくはないという事となります。遺伝ともなれば、もはや防ぎようが無いと悲観する人もおりますが、あきらめるのは早いです。

AGAの治療をメインとした医療機関で治療を受ける事で、発症や進行を防ぐ自体、十分に可能性が期待されています。遺伝子に含まれるAGAを発症する為に必要な成分というのは、どうしても、親や祖父母から引き継がれてしまうものなのですが、しっかりと治療に対し、前向きに取り組めば、進行を抑えたり、発症しなくなるケースはいくらでもあります。

ただ、一般の成人男性より、ハンデがあり、治療も長期戦です。AGAは、20歳を過ぎた成人男性であれば、誰でも起こりうる事ではあります。

ただ、最近ではAGAの原因ともなるものが、必ずしも遺伝であるという説が崩れていっているようです。これは、AGAを発症しやすいという遺伝子を引き継ぐというだけではなく、AGAではない一般の抜け毛や薄毛を引き起こしやすいという遺伝である事もあり、人によっては抜け毛や薄毛が起こらない人もおります。少しでも気になったら、まずは専門のクリニックに相談をしてみた方が無難です。