ホーム » AGAの治療方法 » AGAが進行してきた場合は投薬治療も行う

AGAが進行してきた場合は投薬治療も行う

AGAは初期段階においては、育毛剤や育毛シャンプーを使用して頭皮マッサージをしたり、ヘッドスパを利用をしたりする事で、進行を遅らせたり、運が良ければ抜け毛や薄毛が無くなる事もあります。

 

それでも進行が進んでしまった場合は、AGAの治療を専門とした医療機関で治療を受けるという選択が必要となります。医療機関では、即効性のある投薬治療を行っていきます。

 

即効性があるとしても、毛周期のサイクルには逆らう事は出来ませんので、長期間の治療が必要となります。毛周期は成長期、休止期、退行期の3サイクルとなり、体毛と同じではありますが、毛髪の場合は、成長期の期間が長くなります。

 

ある程度伸びていくと、成長が止まり、退行期を迎え、自然に抜け落ちていきます。AGAは、この成長期の間に十分な栄養が与えられずに、成長が途中で止まってしまいます。

 

そのまま休止期、退行期を迎え、短くて細い状態のまま、髪の毛が抜け落ちていく事となります。投薬治療を始めてから、3カ月までの間は、既にAGAに発症している毛髪が残存している為、抜け落ちた毛髪は短いですが、その次に生えてきた毛髪から、治療効果が出てくるようになります。徐々に栄養分が行き渡った毛髪が生えてくるようになってきます。

 

AGAの治療は続けるだけ、効果が期待されますが、成年男性であれば、再発する可能性も高い為、治療はほぼ半永久的に必要となります。費用も月々1万程かかってきますが、元のハリやコシのある髪の毛に戻る事を考えると、決して高いとは言えないのではないでしょうか。