ホーム » AGAとは

カテゴリー別アーカイブ: AGAとは

AGAの治療期間について

AGAの治療は、一般的にAGA治療を専門としたクリニック等の医療機関で治療を行うのが最もベストといわれています。

このAGAの治療ですが、毛髪のサイクルの期間が関係する為、短期間という訳にはいかないのが現状です。

治療効果が出てくるのは、早くて3ヶ月ほどで、大体のケースが半年から1年位であります。

ちなみに、3年経過した時点では、ほとんどのAGAの発症者に対して、効果がみられているようです。

ただ、個人によって、AGAを発症してから治療を開始するまでの期間に差がある為、実際には治療が終わるまでの期間に個人差が出ているというのが現状です。

発症してから治療を開始するまでの期間が短ければ短いほど、短期間で治療効果が出てきます。

また、毛髪の生え変わるサイクルも個人差があり、髪の毛が伸びる人が遅い人は、サイクルが長めであり、効果が出るまで時間がかかるようです。AGAの治療は主に投薬、外用薬を使用して治療を行います。

男性ホルモンから生成される、脱毛ホルモンの働きを抑える効果があるようです。そういった事もあり、治療は長期化する事が多く、治療効果が出て、ほぼ完治した状態であっても、継続して治療を続けていかないと、再発し、抜け毛が進行していきますので、注意が必要です。

病気の治療とは異なる為、保険適用外で、治療に要する薬代は決して安いとは言えません。大よそ1万円から2万円程月にかかるようです。ただ、治療を行わずにウィッグや植毛を行う場合であっても、こちらもかなり費用が高額になるようです。

AGAと薄毛の違いについて

AGAとは男性型脱毛症というものであり、成人男性に多く発症する薄毛の症状の事をいいます。

主に頭頂部、額の生え際から徐々に毛髪が薄くなり、初期はほとんど自覚症状がありません。

AGAは急に毛髪が抜け落ちる訳ではなく、毛根自体の成長が途中の段階で止まってしまい、毛髪に十分な栄養が行き届かないまま、退行期を迎え、そのまま抜けてしまいます。

ストレス性の薄毛は、前触れも無く、いきなり髪の毛が抜け落ちてしまうケースがほとんどです。

もちろん、原因となっているストレスと取り除けば、すぐに生えてきます。また、AGAではないものの、加齢とともに、薄毛になるケースも見受けられますが、これは、血行が悪くなる事で、毛髪に十分な栄養が行き届かなくなる事と、あるいは、頭皮の皮脂の分泌量が多く、毛穴を塞いでしまう事で、毛髪がスムーズに生えにくくなるという事が考えられます。

AGAと違うのは、毛根自体の成長が止まったり、退化してしまうというような、進行型ではないという部分であります。

ただ、こちらのケースもストレス性の抜け毛のように、いきなり抜ける訳ではないです。少しずつ抜け毛が増えて、何となく最近髪が薄くなってきたという程度にしか気づきません。いずれにしても、何らかの対策を取っていかなければ、症状は悪化しますので、AGAかどうか分からなくても、専門の医療機関へまずは相談した方が、より早く対処ができます。

仮にAGAでは無くても、その人に合った対処方法を提案はしてくれます。

AGAの治療方法とは

AGAは進行型であり、症状を悪化させない様に、治療や症状を遅らせる為の対処が必要となります。

AGAの治療方法は、その症状の進行状況によって異なってきます。額の生え際、頭頂部がやや薄くなってきたといった初期段階においては、育毛シャンプーや、育毛剤を使用して、頭皮ケアを行っていく事で、予防や進行を遅らせる事ができます。

また食生活もバランス良く、良質のたんぱく質を多く摂取する事で、毛髪への栄養が行き届きやすくなります。

最近では、男性専用のヘッドスパといったエステケアを行っているサロンや美容院も増えてきているようです。

症状が進行してくると、AGAの治療を専門とした医療機関への通院を検討するようにします。飲み薬や塗り薬といった、服薬を行う事で、男性ホルモンの分泌を抑制する事で、薄毛を抑えていったり、毛髪の成長、発毛を促進するように働きかけていくようにします。

AGAは毛根への栄養補給を阻害する為、病気の一種として考えてもいいくらいです。そして、薄毛や抜け毛が進行し、末期の状態となると、頭頂部、生え際はほとんど無毛状態と化します。

そうなってしまうと、毛根を含めた皮膚を移植する等の植毛、植毛した毛が、きちんと機能するまでの応急処置として、ウィッグ等で対処をする必要が出てきます。

最近では、ウィッグや植毛を行わずに、丸坊主にしてしまうという人も少なくはありません。かえって、ウィッグを使うよりは自然で、ひげを整える等の工夫をする事で、垢抜けて見えます事も多いです。

ちなみに治療やケアの仕方を誤ると逆効果になりますので、出来るだけ早いうちに医療機関に行く方が無難です。

AGAの原因について

AGAを発症する原因は、男性ホルモンの分泌過多、ストレス等が原因とされています。

これは、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化する事によって、毛乳頭に存在する組織に結合してしまい、その結果、発毛を阻害するという事になるようです。

男性ホルモンはもちろん、ある程度は必要なのですが、何でも過多というのはあまり体にはよくありません。

ストレスが原因とも言われますが、結局は、ストレスにより体調不良や、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、その結果として、男性ホルモンの分泌過多を引き起こす事となるようです。

更に、ストレスというのは、自律神経のバランスも崩してしまい、血流も悪くなってきます。血流が悪くなると、毛根へ十分な栄養が行き渡らない為、毛髪の成長を妨げます。

また、AGAの原因として該当するもので、遺伝が挙げられます。加齢が進むと、男性の場合は白髪になってしまうか、薄毛になってしまうかのいずれかの症状が起こる事がほとんどです。親が薄毛であれば、やはり自身も薄毛になりやすいといえるようです。

ただ、この薄毛というのは、ただの加齢を伴う為の症状と、AGAの症状とが混在しており、実際はどちらなのか分かりにくいようです。

一般の薄毛と思ったら、実はAGAだった、しかも親もAGAに発症していたという事ももちろんあります。AGAは、遺伝も関係する様ですが、ストレス、男性ホルモンの分泌過多等、様々な要素が重なる事で、発症率が高くなると言ってもいいでしょう。

AGAの進行について

AGAは進行性の薄毛症状でありますが、初期段階では自覚症状が無い事が多いです。

AGAは、額の生え際、頭頂部から徐々に毛髪が薄くなっていきます。

毛髪というのは体毛と同じく、成長期、休止期、退行期というサイクルが存在します。ただ、体毛に比べて、サイクルが遅いです。その為、髪の毛を切らないと、そのまま、どんどん伸びていきます。

ある程度伸びると、成長期が止まり、更にそのまま放置すると自然に抜け落ちます。毛髪は体毛より太く、毛質もしっかりしています。毛根もそれだけ大きく、沢山の栄養分を補給できるようにはなっています。

ところが、AGAを発症すると、何らかの原因によって、毛根の成長が途中段階で止まってしまいます。

その為、十分な栄養分の補給が出来なくなり、毛髪にハリとこしが無くなっていき、猫毛のような柔らかくて薄い状態になります。成長が止まってしまう為、そのまま退行期を迎え、抜け落ちる事となります。

AGAが進行すると、十分な成長ができない毛根が増えてしまい、髪の毛が十分に伸びないまま、抜けてしまいます。

AGAを発症している人の抜け毛というのは、短く細く、先端が細くなっています。こういった毛髪が増えた場合は、AGAを疑った方が良いです。

毛髪を作る元の機能が弱まっている為、対処の使用がありません。AGAの治療を専門とした医療機関に早い段階で相談し、投薬治療、育毛ケアに取り掛かっていく事が重要となります。

早く対処する事で、少しでも進行を遅らせる事ができます。AGAを含め、薄毛に関する治療は年々進歩していますので、あきらめずに、前向きに治療に取り組んでいくようにしましょう。

AGAが増えてきた理由とは

AGAという言葉は最近よく耳にするようになってきましたが、これはAGAの治療を専門とした医療機関が増加しているという事が理由です。

また、メンズエステ等のサロンでもAGAの予防や症状の軽減を目的としたメニューを扱うところが増えており、広告で多く目にするようになったという事で、広く知られるようになりました。

女性が顔やスタイルといった容姿について気にするように、男性にとって、薄毛というのはかなり深刻な悩みといっても過言ではありません。

AGAを発症する原因は、遺伝、あるいはストレス、男性ホルモンといわれています。

薄毛の症状自体は以前からもあり、年々増えてきているという訳ではありません。おそらく以前からもAGAを発症している人はいたかと思いますが、AGAという言葉が一般的に知られていなかった事、AGAという症状について解明されていなかったという事が理由といえます。

今となっては、AGAという言葉が知られるようになり、ただの薄毛と思っていたものが、実はAGAだったという判明し、その結果AGAの発症者数が増加したという状況に至っているというのが実情のようです。

ただ、ひと昔に比べて、生活環境も変化し、誰もが多少なりとも、ストレスを感じやすい世の中になってきたのは確かです。労働環境における正規雇用の減少、超高齢化社会への突入、少子化、年金受給額の減額、増税等、決して景気が良い状況とは言い難いです。

こういった慢性的なストレスの元凶ともなる事象もAGAを発症する人が増えている原因の1つではないでしょうか。

AGAとは何か

 AGAという言葉を最近耳にする事が増えてきました。
女性にとってはあまりなじみが無いかと思いますが、AGAというのは、「男性型脱毛症」という、成人男性に多く発症する薄毛の症状の事です。

原因は男性ホルモン、遺伝とも言われていますが、確実な原因というのは未だ解明は出来ていないようです。

一般的に薄毛や脱毛の症状はストレスが要因であったり、頭皮の皮脂の分泌が多い事で発症しやすいとも言われますが、これらの薄毛はストレスを取り除いたり、育毛剤や皮脂を取り除くシャンプー等を使用する事で症状が治まる事がほとんどです。

ところが、このAGAは進行性の薄毛であり、専門の医療機関等で治療を受けないと症状が改善しないといわれています。

AGAは、頭頂部、額の生え際から徐々に毛髪が薄くなります。急に毛髪が抜け落ちる訳ではなく、毛根自体の成長が途中の段階で止まってしまい、毛髪に十分な栄養がいきわたらず、薄毛になり、そのまま、退行期を迎え、抜けてしまいますので、なかなか初期段階では自覚症状がありません。

初期段階は一般の薄毛等のように、育毛剤や育毛シャンプー、ヘッドスパ等である程度症状を抑える事が可能ですが、少しでも薄毛が気になったら、専門の医療機関へかかるという事も1つの手ではあります。

一般の薄毛は、40代を過ぎた頃に徐々に生じてきますが、AGAは20代という若年層でも、発症するケースがあり、成人男性であれば、誰でも起こりうる症状であります。