ホーム » 「テストステロン」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: テストステロン

男性ホルモンの影響により引き起こされる

413438_640
AGAの発症する原因として考えられるのは、まず男性ホルモンの分泌によるものといわれています。

これは男性ホルモンの1つであるテストステロンというホルモンが、酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛乳頭細胞の受容体の部分に結合をしてしまう為に、毛髪に十分な栄養が補給できずに、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまいます。

十分な栄養が補給されないまま、成長期を過ぎ、休止期を経て、そして退行期に毛が抜け落ちていきます。AGAの症状が出た場合の抜け毛の状態は、薄くて先端が細い毛となります。

毛根に十分な栄養が補給出来ていない為、毛髪も弱々しく、猫毛のような状態になります。先端も散髪した様な断面ではなく、針状に先端が細くなっているのが特徴です。

ちなみに、このジヒドロテストステロンは、胎児期には、生殖器を正常に形成させる為に重要なものとなりますが、思春期を過ぎた後は、AGAの他に、吹き出物、更には前立腺肥大を引き起こす原因といわれています。

そもそも、男性ホルモンというのは、体毛を濃くするにおいても必要なホルモンではありますが、テストステロンからジヒドロテストステロンが生成されてしまう事で、抜け毛や薄毛を促進してしまうという全く逆の症状を引き起こしてしまいます。

AGAの治療では、このジヒドロテストステロンの働きを投薬治療により抑制していく事で、抜け毛や薄毛といった症状を抑えていくという事となります。

AGAの原因について

AGAを発症する原因は、男性ホルモンの分泌過多、ストレス等が原因とされています。

これは、テストステロンという男性ホルモンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化する事によって、毛乳頭に存在する組織に結合してしまい、その結果、発毛を阻害するという事になるようです。

男性ホルモンはもちろん、ある程度は必要なのですが、何でも過多というのはあまり体にはよくありません。

ストレスが原因とも言われますが、結局は、ストレスにより体調不良や、体内のホルモンバランスが崩れてしまい、その結果として、男性ホルモンの分泌過多を引き起こす事となるようです。

更に、ストレスというのは、自律神経のバランスも崩してしまい、血流も悪くなってきます。血流が悪くなると、毛根へ十分な栄養が行き渡らない為、毛髪の成長を妨げます。

また、AGAの原因として該当するもので、遺伝が挙げられます。加齢が進むと、男性の場合は白髪になってしまうか、薄毛になってしまうかのいずれかの症状が起こる事がほとんどです。親が薄毛であれば、やはり自身も薄毛になりやすいといえるようです。

ただ、この薄毛というのは、ただの加齢を伴う為の症状と、AGAの症状とが混在しており、実際はどちらなのか分かりにくいようです。

一般の薄毛と思ったら、実はAGAだった、しかも親もAGAに発症していたという事ももちろんあります。AGAは、遺伝も関係する様ですが、ストレス、男性ホルモンの分泌過多等、様々な要素が重なる事で、発症率が高くなると言ってもいいでしょう。