ホーム » 「原因」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: 原因

遺伝によって発症する事がある

AGAを引き起こす原因の1つで遺伝というものが挙げられます。

遺伝は、染色体自体にある特定の症状を引き起こしやすい要素が含まれているという事もあり、十中八九、その症状を引き起こす可能性があります。

AGAに限らず、薄毛や抜け毛で悩まされている親族が多いと、やはり自身も同じ症状が現れるケースが多いです。

AGAであれば、細胞1つ1つにAGAを発症する要素が含まれているという事となりますので、発症してもおかしくはないという事となります。遺伝ともなれば、もはや防ぎようが無いと悲観する人もおりますが、あきらめるのは早いです。

AGAの治療をメインとした医療機関で治療を受ける事で、発症や進行を防ぐ自体、十分に可能性が期待されています。遺伝子に含まれるAGAを発症する為に必要な成分というのは、どうしても、親や祖父母から引き継がれてしまうものなのですが、しっかりと治療に対し、前向きに取り組めば、進行を抑えたり、発症しなくなるケースはいくらでもあります。

ただ、一般の成人男性より、ハンデがあり、治療も長期戦です。AGAは、20歳を過ぎた成人男性であれば、誰でも起こりうる事ではあります。

ただ、最近ではAGAの原因ともなるものが、必ずしも遺伝であるという説が崩れていっているようです。これは、AGAを発症しやすいという遺伝子を引き継ぐというだけではなく、AGAではない一般の抜け毛や薄毛を引き起こしやすいという遺伝である事もあり、人によっては抜け毛や薄毛が起こらない人もおります。少しでも気になったら、まずは専門のクリニックに相談をしてみた方が無難です。

ストレス等の精神的負担が原因とされる

AGAに限らず、薄毛や抜け毛の原因で最も関係しているのがストレスといえます。

AGAを発症させる原因は、ジヒドロテストステロンというテストステロンというホルモンから生成される男性ホルモンであるといわれていますが、これは、何らかの原因によって男性ホルモンの分泌に変化を生じた事により、AGAを発症してしまうという事に至るようです。

ただ、この男性ホルモンの分泌に影響を及ぼす何らかの原因というのが、一般的にはストレスから起こっているという事が最も妥当ではないかと思われます。

精神的負担がかかる事によるストレスももちろんありますが、現在の生活環境において、大気中に含まれる様々な化学物質や、これらの化学物質に侵されている食品や飲み物を摂取する事により、精神面だけではなく、身体機能においても負担がかかり、ストレスが蓄積しているという状況も十分に考えられます。

ちなみに一時的に抜け毛が生じる円形脱毛症は、ある特定出来事等により、身体機能が低下してしまい、その結果、毛髪が抜け落ちるというものであります。

ただ、この円形脱毛症は、AGAと異なり、毛根自体の働きが低下していく訳ではない為、ストレスの元凶を取り除く事で、すぐに機能が回復し、再び毛髪が生えてきます。

その代わり、AGAのように、徐々に薄毛になるのではなく、一気に髪の毛が円形状に抜け落ちていくというものであります。いずれにしても、ストレスは百害あって一利無い為、上手く解消していく方法を考えるようにしていくようにします。

男性ホルモンの影響により引き起こされる

413438_640
AGAの発症する原因として考えられるのは、まず男性ホルモンの分泌によるものといわれています。

これは男性ホルモンの1つであるテストステロンというホルモンが、酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛乳頭細胞の受容体の部分に結合をしてしまう為に、毛髪に十分な栄養が補給できずに、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまいます。

十分な栄養が補給されないまま、成長期を過ぎ、休止期を経て、そして退行期に毛が抜け落ちていきます。AGAの症状が出た場合の抜け毛の状態は、薄くて先端が細い毛となります。

毛根に十分な栄養が補給出来ていない為、毛髪も弱々しく、猫毛のような状態になります。先端も散髪した様な断面ではなく、針状に先端が細くなっているのが特徴です。

ちなみに、このジヒドロテストステロンは、胎児期には、生殖器を正常に形成させる為に重要なものとなりますが、思春期を過ぎた後は、AGAの他に、吹き出物、更には前立腺肥大を引き起こす原因といわれています。

そもそも、男性ホルモンというのは、体毛を濃くするにおいても必要なホルモンではありますが、テストステロンからジヒドロテストステロンが生成されてしまう事で、抜け毛や薄毛を促進してしまうという全く逆の症状を引き起こしてしまいます。

AGAの治療では、このジヒドロテストステロンの働きを投薬治療により抑制していく事で、抜け毛や薄毛といった症状を抑えていくという事となります。