ホーム » 「男性ホルモン」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: 男性ホルモン

男性ホルモンの影響により引き起こされる

413438_640
AGAの発症する原因として考えられるのは、まず男性ホルモンの分泌によるものといわれています。

これは男性ホルモンの1つであるテストステロンというホルモンが、酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛乳頭細胞の受容体の部分に結合をしてしまう為に、毛髪に十分な栄養が補給できずに、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまいます。

十分な栄養が補給されないまま、成長期を過ぎ、休止期を経て、そして退行期に毛が抜け落ちていきます。AGAの症状が出た場合の抜け毛の状態は、薄くて先端が細い毛となります。

毛根に十分な栄養が補給出来ていない為、毛髪も弱々しく、猫毛のような状態になります。先端も散髪した様な断面ではなく、針状に先端が細くなっているのが特徴です。

ちなみに、このジヒドロテストステロンは、胎児期には、生殖器を正常に形成させる為に重要なものとなりますが、思春期を過ぎた後は、AGAの他に、吹き出物、更には前立腺肥大を引き起こす原因といわれています。

そもそも、男性ホルモンというのは、体毛を濃くするにおいても必要なホルモンではありますが、テストステロンからジヒドロテストステロンが生成されてしまう事で、抜け毛や薄毛を促進してしまうという全く逆の症状を引き起こしてしまいます。

AGAの治療では、このジヒドロテストステロンの働きを投薬治療により抑制していく事で、抜け毛や薄毛といった症状を抑えていくという事となります。

AGAが増えてきた理由とは

AGAという言葉は最近よく耳にするようになってきましたが、これはAGAの治療を専門とした医療機関が増加しているという事が理由です。

また、メンズエステ等のサロンでもAGAの予防や症状の軽減を目的としたメニューを扱うところが増えており、広告で多く目にするようになったという事で、広く知られるようになりました。

女性が顔やスタイルといった容姿について気にするように、男性にとって、薄毛というのはかなり深刻な悩みといっても過言ではありません。

AGAを発症する原因は、遺伝、あるいはストレス、男性ホルモンといわれています。

薄毛の症状自体は以前からもあり、年々増えてきているという訳ではありません。おそらく以前からもAGAを発症している人はいたかと思いますが、AGAという言葉が一般的に知られていなかった事、AGAという症状について解明されていなかったという事が理由といえます。

今となっては、AGAという言葉が知られるようになり、ただの薄毛と思っていたものが、実はAGAだったという判明し、その結果AGAの発症者数が増加したという状況に至っているというのが実情のようです。

ただ、ひと昔に比べて、生活環境も変化し、誰もが多少なりとも、ストレスを感じやすい世の中になってきたのは確かです。労働環境における正規雇用の減少、超高齢化社会への突入、少子化、年金受給額の減額、増税等、決して景気が良い状況とは言い難いです。

こういった慢性的なストレスの元凶ともなる事象もAGAを発症する人が増えている原因の1つではないでしょうか。