ホーム » 「男性型脱毛症」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: 男性型脱毛症

AGAと薄毛の違いについて

AGAとは男性型脱毛症というものであり、成人男性に多く発症する薄毛の症状の事をいいます。

主に頭頂部、額の生え際から徐々に毛髪が薄くなり、初期はほとんど自覚症状がありません。

AGAは急に毛髪が抜け落ちる訳ではなく、毛根自体の成長が途中の段階で止まってしまい、毛髪に十分な栄養が行き届かないまま、退行期を迎え、そのまま抜けてしまいます。

ストレス性の薄毛は、前触れも無く、いきなり髪の毛が抜け落ちてしまうケースがほとんどです。

もちろん、原因となっているストレスと取り除けば、すぐに生えてきます。また、AGAではないものの、加齢とともに、薄毛になるケースも見受けられますが、これは、血行が悪くなる事で、毛髪に十分な栄養が行き届かなくなる事と、あるいは、頭皮の皮脂の分泌量が多く、毛穴を塞いでしまう事で、毛髪がスムーズに生えにくくなるという事が考えられます。

AGAと違うのは、毛根自体の成長が止まったり、退化してしまうというような、進行型ではないという部分であります。

ただ、こちらのケースもストレス性の抜け毛のように、いきなり抜ける訳ではないです。少しずつ抜け毛が増えて、何となく最近髪が薄くなってきたという程度にしか気づきません。いずれにしても、何らかの対策を取っていかなければ、症状は悪化しますので、AGAかどうか分からなくても、専門の医療機関へまずは相談した方が、より早く対処ができます。

仮にAGAでは無くても、その人に合った対処方法を提案はしてくれます。

AGAとは何か

 AGAという言葉を最近耳にする事が増えてきました。
女性にとってはあまりなじみが無いかと思いますが、AGAというのは、「男性型脱毛症」という、成人男性に多く発症する薄毛の症状の事です。

原因は男性ホルモン、遺伝とも言われていますが、確実な原因というのは未だ解明は出来ていないようです。

一般的に薄毛や脱毛の症状はストレスが要因であったり、頭皮の皮脂の分泌が多い事で発症しやすいとも言われますが、これらの薄毛はストレスを取り除いたり、育毛剤や皮脂を取り除くシャンプー等を使用する事で症状が治まる事がほとんどです。

ところが、このAGAは進行性の薄毛であり、専門の医療機関等で治療を受けないと症状が改善しないといわれています。

AGAは、頭頂部、額の生え際から徐々に毛髪が薄くなります。急に毛髪が抜け落ちる訳ではなく、毛根自体の成長が途中の段階で止まってしまい、毛髪に十分な栄養がいきわたらず、薄毛になり、そのまま、退行期を迎え、抜けてしまいますので、なかなか初期段階では自覚症状がありません。

初期段階は一般の薄毛等のように、育毛剤や育毛シャンプー、ヘッドスパ等である程度症状を抑える事が可能ですが、少しでも薄毛が気になったら、専門の医療機関へかかるという事も1つの手ではあります。

一般の薄毛は、40代を過ぎた頃に徐々に生じてきますが、AGAは20代という若年層でも、発症するケースがあり、成人男性であれば、誰でも起こりうる症状であります。