ホーム » 「AGA ストレス」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: AGA ストレス

ストレスを抱え込まないようにする

AGAや一般の抜け毛や薄毛の大敵はやはりストレスといえます。

 

AGAの原因は遺伝や男性ホルモンとも言われていますが、遺伝はともかく、男性ホルモンの分泌を調整するのは交感神経や副交感神経といった部分であり、これらの神経系はストレスに大きく影響されやすいです。

 

ストレスというのは、精神面にダメージを与える為、脳から各器官へ的確な指令を送る事が難しくなります。そうなると、神経系の機能に悪影響を及ぼし、自律神経失調症などの神経系疾患、うつ病等の精神疾患を発症しやすくなります。

 

そうなると、食欲低下、またはストレスを食べる事で解消しようとして過食症に陥る事があります。そうなると、身体へ適切に栄養分が補給されなくなり、体内のあらゆる器官の働きを悪くさせてしまいます。

 

もちろん、ホルモンのバランスも崩れてきます。女性であれば、生理不順、無月経、不妊症などを引き起こすことにもなりかねません。男性も同じで、しかも男性は、女性よりストレスに対する耐性が無いとも言われており、男性ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。

 

したがって、男性ホルモンの分泌バランスが崩れる事で、脱毛ホルモンとも言われるジヒドロテストステロンの分泌過多を引き起こし、AGAを発症させてしまうという可能性は十分に考えられます。

 

ストレスは多少の程度のものであれば、活気を引き出すために必要な要素ではありますが、慢性的であったり、ダメージが大きいものとなれば、活気どころか、意欲を低下させかねませんので、適度に解消する習慣をつけるようにします。

不眠症などのストレスが強い環境にさらされている場合は要注意

AGAに限らず、ストレスをため込んでいる状況というのは様々な体の異変や不調を引き起こしやすくなります。

 

特に眠れないと悩んでいる人は要注意です。睡眠というのは体の疲れ、精神面の疲れを取り除くために非常に重要な事です。嫌な事があったりすると十分な睡眠を取る事で、その不快感がある程度リセットされます。

 

睡眠というのは体の動きをセーブし、生命を維持する為の必要最小限の活動をしない状態となります。活動したままだと、体の組織も劣化していきますので、どこかで全く使わない状態にしておかないと、寿命が縮まります。

 

人間の身体だけではなく、電化製品等、世の中に存在する有機物や無機質全てにおいて、休息というのは必要です。電化製品も動かしっぱなしであると、機械部分に負担がかかり、故障を招きます。

 

また、睡眠というのは唯一頭を休める事ができる方法です。頭というのは記憶、感情を司る部分です。この部分が不調をきたしてしまうと、体の全ての機能に影響を及ぼします。病は気からと言いますが、まさにその通りです。

 

脳は、体の臓器等、あらゆる器官に対し、命令を送る部分でもあります。その為、十分な睡眠が取れていないと、きちんとした命令を送る事ができません。そして、過度なストレスがかかると、常に緊張した状態になり、体が休みたいと思っていても、脳が緊張している状態であり、休めない状態になります。その為、不眠症になり、常に疲れている状態になります。うつ病の前兆としても不眠症が挙げられます。AGAが最近増えてきた原因として、ストレス社会であるという事も挙げられます。