ホーム » 「AGA」タグがついた投稿

タグ別アーカイブ: AGA

毛髪が完全に抜け落ちている場合は植毛やウィッグを検討する

AGAが進行してしまい、生え際や頭頂部が完全に抜け落ちてしまった場合は、時と場合と状況によりますが、ウィッグや植毛を検討するというのも、1つの手段ではあります。

 

髪型だけで人間はかなり印象が変わります。人前に出る機会が多い職業や接客業ともなれば、かなり仕事にも影響を及ぼします。

 

最もベストなのは、AGAの治療を受けながら、ウィッグを併用し、更に育毛剤や育毛シャンプーで日常のケアを行う事です。

ただ、ウィッグは長時間装着していると、通気性が悪く、ムレやかぶれを引き起こし、発毛しにくい頭皮になる可能性もあります。

また、AGAの治療は徐々に効果が出てきますので、ある程度効果が生じた時、ウィッグの装着を中止する事となりますが、そのタイミングが意外に難しいです。

 

また、ウィッグは天候によっては不便を感じる事が多い上、活動量が多いと、位置がずれてしまうというリスクもあります。

 

AGAの治療を受けつつ、日頃のケアも欠かさず、少しずつ植毛を行っていく事で、これらの問題は解消されていきます。まだ毛髪が残っている部分から植毛を施していき、それ以外の部分は部分ウィッグを併用していきます。

 

植毛がある程度進み、AGAの治療効果も出てきた段階で、徐々にウィッグの範囲を狭くしていくか、ウィッグの量を減らしていきます。現在のウィッグはただ頭を覆うだけではなく、薄毛部分にかぶせる事で、毛量を増やす事ができます。発毛効果が出てきた段階で、薄めのウィッグに切り替えていきます。費用はかなりかかりますが、見た目変わらずに治療を勧めていく事が可能となります。

環境汚染が原因という説がある

AGAの発症原因には、様々な説が挙げられます。

遺伝、男性ホルモン、ストレス、生活習慣や食習慣等、きりがありません。これらの原因のまさに元となるものが、環境汚染とも言えるのではないでしょうか。

生きている限り、常に外気にさらされますし、呼吸もします。環境汚染によって、大気中や水に含まれる化学物質、そしてその水の中で生息している魚介類、人間と同じように汚染された大気中で生息している動物や植物全て、化学物質を無意識に体内へ取り込んでいるという事になります。

この取り込まれた化学物質は、有害な物も多く、体内のあらゆるサイクルが乱れ、様々な異変を引き起こす事になってしまいます。

近年になって、アレルギー体質を持つ人やメンタル面の不調を訴える人が増えてきているのは、これらの環境汚染が原因とも言われています。

AGAも男性ホルモンが原因とされていますが、結局は、化学物質の影響により、男性ホルモンのバランスに変化が生じているという可能性は十分に考えられます。

今になってこそ、地球温暖化等を防ぐためのエコへの取り組みが浸透しつつありますが、高度経済成長期に技術を発展させる為に大気や水に多量に流しこまれた化学物質の名残りが今もなお残っているという事も考えられ、なかなか大気汚染や水質汚染という状態を無くするまでは、かなり時間がかかる事でしょう。何とも防ぎようがありません。
ただ、最近では、これらの化学物質をデトックスできる日用品やサプリメントも開発されつつあるようです。

遺伝によって発症する事がある

AGAを引き起こす原因の1つで遺伝というものが挙げられます。

遺伝は、染色体自体にある特定の症状を引き起こしやすい要素が含まれているという事もあり、十中八九、その症状を引き起こす可能性があります。

AGAに限らず、薄毛や抜け毛で悩まされている親族が多いと、やはり自身も同じ症状が現れるケースが多いです。

AGAであれば、細胞1つ1つにAGAを発症する要素が含まれているという事となりますので、発症してもおかしくはないという事となります。遺伝ともなれば、もはや防ぎようが無いと悲観する人もおりますが、あきらめるのは早いです。

AGAの治療をメインとした医療機関で治療を受ける事で、発症や進行を防ぐ自体、十分に可能性が期待されています。遺伝子に含まれるAGAを発症する為に必要な成分というのは、どうしても、親や祖父母から引き継がれてしまうものなのですが、しっかりと治療に対し、前向きに取り組めば、進行を抑えたり、発症しなくなるケースはいくらでもあります。

ただ、一般の成人男性より、ハンデがあり、治療も長期戦です。AGAは、20歳を過ぎた成人男性であれば、誰でも起こりうる事ではあります。

ただ、最近ではAGAの原因ともなるものが、必ずしも遺伝であるという説が崩れていっているようです。これは、AGAを発症しやすいという遺伝子を引き継ぐというだけではなく、AGAではない一般の抜け毛や薄毛を引き起こしやすいという遺伝である事もあり、人によっては抜け毛や薄毛が起こらない人もおります。少しでも気になったら、まずは専門のクリニックに相談をしてみた方が無難です。

男性ホルモンの影響により引き起こされる

413438_640
AGAの発症する原因として考えられるのは、まず男性ホルモンの分泌によるものといわれています。

これは男性ホルモンの1つであるテストステロンというホルモンが、酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンに変化し、これが毛乳頭細胞の受容体の部分に結合をしてしまう為に、毛髪に十分な栄養が補給できずに、薄毛や抜け毛という症状を引き起こしてしまいます。

十分な栄養が補給されないまま、成長期を過ぎ、休止期を経て、そして退行期に毛が抜け落ちていきます。AGAの症状が出た場合の抜け毛の状態は、薄くて先端が細い毛となります。

毛根に十分な栄養が補給出来ていない為、毛髪も弱々しく、猫毛のような状態になります。先端も散髪した様な断面ではなく、針状に先端が細くなっているのが特徴です。

ちなみに、このジヒドロテストステロンは、胎児期には、生殖器を正常に形成させる為に重要なものとなりますが、思春期を過ぎた後は、AGAの他に、吹き出物、更には前立腺肥大を引き起こす原因といわれています。

そもそも、男性ホルモンというのは、体毛を濃くするにおいても必要なホルモンではありますが、テストステロンからジヒドロテストステロンが生成されてしまう事で、抜け毛や薄毛を促進してしまうという全く逆の症状を引き起こしてしまいます。

AGAの治療では、このジヒドロテストステロンの働きを投薬治療により抑制していく事で、抜け毛や薄毛といった症状を抑えていくという事となります。

AGAの進行について

AGAは進行性の薄毛症状でありますが、初期段階では自覚症状が無い事が多いです。

AGAは、額の生え際、頭頂部から徐々に毛髪が薄くなっていきます。

毛髪というのは体毛と同じく、成長期、休止期、退行期というサイクルが存在します。ただ、体毛に比べて、サイクルが遅いです。その為、髪の毛を切らないと、そのまま、どんどん伸びていきます。

ある程度伸びると、成長期が止まり、更にそのまま放置すると自然に抜け落ちます。毛髪は体毛より太く、毛質もしっかりしています。毛根もそれだけ大きく、沢山の栄養分を補給できるようにはなっています。

ところが、AGAを発症すると、何らかの原因によって、毛根の成長が途中段階で止まってしまいます。

その為、十分な栄養分の補給が出来なくなり、毛髪にハリとこしが無くなっていき、猫毛のような柔らかくて薄い状態になります。成長が止まってしまう為、そのまま退行期を迎え、抜け落ちる事となります。

AGAが進行すると、十分な成長ができない毛根が増えてしまい、髪の毛が十分に伸びないまま、抜けてしまいます。

AGAを発症している人の抜け毛というのは、短く細く、先端が細くなっています。こういった毛髪が増えた場合は、AGAを疑った方が良いです。

毛髪を作る元の機能が弱まっている為、対処の使用がありません。AGAの治療を専門とした医療機関に早い段階で相談し、投薬治療、育毛ケアに取り掛かっていく事が重要となります。

早く対処する事で、少しでも進行を遅らせる事ができます。AGAを含め、薄毛に関する治療は年々進歩していますので、あきらめずに、前向きに治療に取り組んでいくようにしましょう。

AGAが増えてきた理由とは

AGAという言葉は最近よく耳にするようになってきましたが、これはAGAの治療を専門とした医療機関が増加しているという事が理由です。

また、メンズエステ等のサロンでもAGAの予防や症状の軽減を目的としたメニューを扱うところが増えており、広告で多く目にするようになったという事で、広く知られるようになりました。

女性が顔やスタイルといった容姿について気にするように、男性にとって、薄毛というのはかなり深刻な悩みといっても過言ではありません。

AGAを発症する原因は、遺伝、あるいはストレス、男性ホルモンといわれています。

薄毛の症状自体は以前からもあり、年々増えてきているという訳ではありません。おそらく以前からもAGAを発症している人はいたかと思いますが、AGAという言葉が一般的に知られていなかった事、AGAという症状について解明されていなかったという事が理由といえます。

今となっては、AGAという言葉が知られるようになり、ただの薄毛と思っていたものが、実はAGAだったという判明し、その結果AGAの発症者数が増加したという状況に至っているというのが実情のようです。

ただ、ひと昔に比べて、生活環境も変化し、誰もが多少なりとも、ストレスを感じやすい世の中になってきたのは確かです。労働環境における正規雇用の減少、超高齢化社会への突入、少子化、年金受給額の減額、増税等、決して景気が良い状況とは言い難いです。

こういった慢性的なストレスの元凶ともなる事象もAGAを発症する人が増えている原因の1つではないでしょうか。